インデックスファンド初心者の方へ

【セゾン投信に1000万円】/素人インデックスファンドに挑戦!!

資産運用初めての私は色々と調べた結果、初心者には投資信託(ファンド)しかもインデックスファンドが向いていると考え早速始めることにしました。私がファンドに求めるものは手間なくほっぽらかしで長期間運用でき、資産が作れるファンドです。 色々と考えた末に最終的に選んだのはセゾン投信の「セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド」。投資するお金は10年は使う予定のない1000万円、もちろん1000万円全部を「インデックスファンド」にするのがいいかはわかりませんが、なんせ初心者なんでまずは積立からスタート、徐々に勉強しながら・・・です。

 

このサイトは私が勉強したことや、セゾン投信を選んだ理由をまとめてみました。投資初めての方がインデックスファンドを理解し、投資を始めるきっかけに一役買えればと思います。

 

なぜセゾン投信を選んだのか・・・

実はインデックスファンドをやると決めたものの、インデックスファンドにも様々な商品があり、それぞれ特徴があります。初心者にとって、これらインデックスファンドの特徴を吟味し、どの商品が自分にあっているのかを判断するのは無理!本を読んでも、比較サイトを見てみてもイマイチよくわかりません。

 

しかし、ここに時間をかけたくないので本で紹介されているファンドの中から自分に合いそうなものを選んでとにかく少額で始めてみた・・・というのがホントのところ、ちゃんと理解してセゾン投信を選んだわけではありません。しかしファンドが解ってくるにつれて「セゾン投信」のインデックスファンドで正解。10ヶ月後には積立を増額しています。

 

実はセゾン投信の「セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド」は2007年日経優秀製品・サービス賞最優秀賞に選ばれていたんですね、確かに世界中に分散投資・安いコスト、で世界中へ分散投資ができるので、手間なくほっぽらかしが可能 ⇒ これは私にあってます。

 

なぜインデックスファンドなのか?

ファンドの運用にはインデックスとアクティブがあります。インデックスとは日経平均株価などを目標値(ベンチマーク)としてこのベンチマークとの連動を目指すものです。大きなリターンは無いもののリスクが小さい運用方法です。

 

又、アクティブ運用はベンチマークを上回る運用を目指すもので、市場の調査や積極的な運用を行うためインデックスに対してコスト(手数料)がかかります。

 

儲けるためにはどちらの運用がいいのでしょうか?、ベンチマークを上回る運用を目指すアクティブ運用が良さそうに見えるかも知れません。しかし長期運用を考えた時にはアクティブ運用では常にベンチマークに勝ち続けるのは難しくインデックス運用の方が有利と言われています。 冷静に考えればアクティブ運用をする場合は短期間では勝ったとしても常に勝ち続けることはプロでも難しく、長期運用であれば徐々に平均化されてベンチマークに近づいていきます。
するともともとベンチマークを狙うインデックス運用との差が縮まり、コスト(手数料)が安いけインデックス運用が結果的に有利となってくるわけです。

 

もちろんアクティブ運用でも長期間勝ち続けているファンドはありますが、初心者が長期運用することを前提にするならばリスクの小さなインデックスファンドを選ぶべきだと思います。

 

私がインデックスファンドに求めるもの

私がインデックスファンドに求めるものは手間なくほっぽらかしで長期間運用でき、資産が作れる投資信託です。 つまり初心者にとって難しいことは全部運用会社にお任せ、しかもそれなりにリターンが見込めるものを選びたいわけです。

 

何故ならば・・・
●初心者なので難しいことはわからないし判断もできない。
●普段は仕事をしているので投資やその勉強に多くの時間がかけられない。

 

これだけでは何を選んでよいのか分からないのでもう少し具体的に分析してみました。

 

 

私がファンドに求めるもの

●短期間でのリターンは求めない
●運用期間が無期限
●リスクを減らして安定性重視
●分配金はすべて再投資に回し、複利で運用
●ファンドそのものが安定していること
●手数料が安い
●手間なく分散投資

 

私はセゾン投信の「セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド」はこれらの条件を満たしていると考え積み立てを増額しました。 これが良いかどうかはいろいろと意見はあるとおもいますが、とりあえずそれぞれの項目について確認してみましょう。

 

 

●短期間でのリターンは求めない
運用中は手間はかけたくないのでアップダウンが激しいと気になってしょうがないですよね、長期間じっくりと手間を掛けずに運用をする。つまり投資の核となるようなファンドを選びたいのでインデックスファンドが適当だと判断しました。

 

まずは、市場平均を狙うインデックスファンドで運用しこれを投資の核としながら、慣れてきたら部分的にアクティブファンドなど市場平均以上を狙うファンド等を組み入れればいいと思います。

 

 

●運用期間が無期限
運用期間は無期限が基本だと思います。つまりいつ購入しても、現金化しても自由じゃないと長期運用は無理ですよね、余裕資金を長期間運用して資産を作りたいわけですから運用期間に制限があるファンドは対象外とします。

 

 

●リスクを減らして安定性重視
同じインデックスファンドでも、投資対象によって性格が異なるようです。

 

主に株で運用するファンドは値動きが大きく、債権で運用するファンドは比較的値動きが穏やかと言われています。又株価は景気が良くなれば上がり、悪くなれば下がりますが債権はこの逆に動きます。

 

つまり、安定性を重視するならばこれらを組み合わせたファンドを選ぶことでリスクを抑えます。 セゾン投信の「セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド」は株と債権の割合が半々なので安定性高いと判断しました。

 

でも「景気が良い時に積極的に利益を狙えないじゃないか?」との意見もあると思いますが、あくまでも長期でほっぽらかしにするので安定性を重視し、景気が良く株価が上昇するような局面で積極的に利益を狙うのであれば、あくまでも慣れてからアクティブファンド等を追加すればいいと考えています。

 

 

●分配金はすべて再投資に回し、複利で運用
インデックスファンドでは長期運用でほっぽらかしで資産を作る事を考えています。そこで分配金はなし、少しでも資産作りのためすべて再投資にまわします。セゾン投信の「セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド」は分配金はすべて再投資となっています。

 

確かに毎月の分配金はありませんが、現金が必要なときは部分的に現金化、必要ないときにはすべて再投資が合理的と考えました。

 

 

●ファンドそのものが安定していること
純資産がある程度無いと安定した運用ができません。この為ファンドの純資産額の推移はファンドを選ぶ上で重要なポイントとなります。

 

まず30億円以上のファンドが候補、また純資産額が時間とともに上がっているものはOKです。 又、純資産額が下がり始めたファンドは解約が進んで資金が流出している状態と考えられるので要注意、特に30億を下回ったら後は下がる一方、近いうちに運用停止になってもおかしくありません。
なぜ、30億円なのか?については本の受け売りです(笑)勉強不足ですみません。

 

セゾン投信「セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド」の純資産額は700億円を超え(2014年7月)順調に増加傾向にあります。この為ファンド自体は非常に安定していると判断しました。

 

 

●手数料が安い
ファンドを行う上で注意しなければならないのが手数料が安いものを選ぶ事、もちろん投資の対象や運用方針が自分にあっていることが前提です。

 

手数料は大きく分けて3つに別れています。
1:購入時にかかる手数料
2:解約時にかかる手数料(信託財産留保額)
3:保管期間中に負担する手数料(信託報酬)

 

この中で一番気をつけなければならないのが信託報酬です。
この信託報酬はファンドを保有しているあいだ、ずっと運営会社に支払う手数料となるので少しの差でも長期間の運用を考えると大きな差につながってきます。
又、この信託報酬は年利で表記されていますが。(実際には1回/日の頻度で計算され差し引かれています)

 

セゾン投信の「セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド」について確認してみました。

 

1:購入時にかかる手数料
ノーロードと呼ばれる手数料なしのタイプです。

 

2:解約時にかかる手数料
 信託財産留保額と呼ばれる費用として0.1%が必要となります。
この費用は証券会社の利益になるわけではなく解約金を作るため、株や債券を売却するときの手数料となります。

 

3:保管期間中に負担する信託報酬
セゾン投信の「セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド」の信託報酬は実質0.74%±0.03% これは同じ「ファンドオブファンズ」タイプの信託報酬では最安となっています。

 

 

 

●手間なく分散投資
投資初心者や手間を掛けたくない人にはバランス型がお勧め、これ1つで世界中の株や債券に投資するので手間がかかりません。どこの何に投資するのか、その割合も信託会社が決め、リバランスもしてくれるので手間なしで運用できます。
注意点はバランス型でも新興国中心に投資するなどハイリスクのものもあるので、国内・海外の株や債権に幅広く投資するタイプから選ぶのが良いと思います。

 

セゾン投信の「セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド」は株と債権の比率が半々、しかも8種類の投資信託を組み入れることで世界30カ国以上の株式と、10カ国以上の債権にかなり幅広く分散投資ができます。 当然リバランスも自分でする必要は有りません。

 

 

 

私がインデックスファンドに求めているのは手間なくほっぽらかしで長期間運用、資産が作れる投資信託。つまり初心者にとって難しいことは全部投資信託会社にお任せ、しかもそれなりにリターンが見込める投資の核となるもの。 これをベースにアクティブ運用するファンドを組み合わせることを考えています。 このように投資の核となるものを探している方によっては見逃せないファンドだと思います。

セゾン投信の口座開設セットは以下から無料で請求できます。

セゾン投信の申し込み方法