インデックスファンド初心者の方へ

セゾン投信の申し込み方法

セゾン投信に申し込みをしようとした時に、特に初めてファンドをはじめるのであれば「指定口座」の覧をどうするればいいのか悩むのではないでしょうか? 
この部分ご説明しましょう。

 

これは「口座開設」の申し込み画面です

 

セゾン投信の申し込み方法

 

ここでは氏名、年齢、振込先口座などを入力するのですが初心者にわかりにくいのが「特定口座」ここでは3種類から選ぶことになっておりここで何を選べばよいのか悩むことになると思います。

 

●開設する(源泉徴収あり)
●開設する(源泉徴収なし)
●開設しない(一般口座)

 

セゾン投信の申し込み方法

 

 

 

そもそも「特定口座」とはご自身の売買損益を計算する仕組みで以下のような内容になっています。

 

口座区分 源泉徴収 ポイント 確定申告
特定口座 あり 運営会社が年間の損益を計算し納税を行ってくれるため確定申告が不要です。 不要
特定口座 なし 運営会社が年間取引報告書を発行しますので、これに基づいて確定申告を行います。 必要
一般口座 - ご自身で年間の譲渡損益等を計算して確定申告を行います。 必要

 

一般口座は譲渡損益等をご自身で計算する必要があるので、オススメできません。すでに他のファンドをやっていて新たにセゾン投信を始めるのであれば 特定口座(源泉徴収なし) といった選択肢もありますが初めてであれば損益計算から確定申告まですべて運営会社でやってもらえる特定口座(源泉徴収あり)がオススメです。

 

詳しくはこちらから ⇒ 一般口座と特定口座 

 

 

あとは入力する項目で悩むものはほとんどないでしょう、申し込み画面をよく見ると以下が選べるようになっています。
どちらを選んでも良いのですが、口座を開設する可能性があるのであれば「口座開設をご希望のお客様」を選んでください。
請求してもセゾン投信からの連絡などはありませんので安心し資料請求できると思います。(私には一切連絡ありませんでした)

 

 ●口座開設をご希望のお客様
 ●資料請求のみのお客様

 

セゾン投信の口座開設セットは以下から無料で請求できます。

セゾン投信の申し込み方法


data-ad-client="ca-pub-7559365012675546"
data-ad-slot="7584735517"
data-ad-format="auto">


セゾン投信の申し込み方法関連ページ

2015年度の運用状況
2014年度の運用状況