インデックスファンド初心者の方へ

資産を増やすためには支出をチェック

投資をする理由は単純に言えばお金を稼ぐこと、収入+もう一つの収入源を新たに増やせる、インフレによる資産の目減りを防ぐ、老後の資金を作る等など人それぞれです。

 

長い目で見れば物価は少しづつ上がっていき、それに対してお金の価値は下がっていきますし、これは投資対象を分散させリスクを抑えた投資を行えば短期間での利益はありませんが、ほぼ確実に資産が増えていく事になります。

 

 

このように投資の目的は資産を増やすことにあるはずですが、資産を増やすためには収入を増やすことを考えることはもちろん必要ですが、支出を減らすことも考えなければなりません。  儲けても使ってしまっては資産は作れないわけです。

 

 

資産を増やすためには支出をチェック

 

 

まず大きな支出を減らすことから感上げましょう、効果が少ないところを一生けんめいに改善しても大きな効果には結びつきませんからね。
では人生で大きな支出とは・・・ 例えば住宅費、自動車、教育、生命保険などを見直すことで資産に大きな差が出てきそうです。 その他にも日常のお金の流れをきちんと把握することも大切なポイントです。

 

 

 

クレジットカードは2〜3枚まで
普段の生活の中でクレジットカードはもはや必需品でしょう。 現金よりもポイント還元されるし、カードによってはさまざまな特典がついているので特典欲しさにさまざまなクレジットカードを保つ場合があるでしょう。

 

特典欲しさにさまざまなクレジットカードを申し込んでしまうとポイントが分散してしまうのでおすすめできません。 メインカード1枚+サブカード1〜2枚までがおすすめです。

 

おすすめカードはイオンカードセレクト、ポイント還元だけでなく、イオンでの割引やショッピングセーフティ保険が無料など特典満載な無料カードです。

 

 

 

銀行口座は目的に応じて使い分ける
銀行口座が1つだとお金が増えないと言いますが、これはお金の流れが見えなくなるからなんです。
お金の流れは インとアウト、投資(貯蓄)に分けることで見えてきます。 「給与振込口座」、「支出用の口座」、「貯蓄や投資信託」 に分けることでお金の流れが見えるようになります。

 

 

 

不要な保険には入らない
人生の中で2番めに大きな買い物は保険だと言われます。 にも関わらず健康への不安などから軽い気持ちで加入してしまう人がおおいのも事実、これは有名はタレントなどを使ったCMなどでイメージ操作されているからでしょうね。

 

保険会社は掛け金で利益を出していますから、自分たちがソンをするような保険は作りません。 つまり保険でもは基本的にもとが取れないようにできています。

 

もちろん保険がだけというわけではありません。 あくまでも将来自分が負うであろうリスクを考えた上で必要な分だけ保険に入るのがベター、雰囲気や周りも入っているからというような軽い気持ちでは入らないことが良いかと思います。

 

 

 

住居費について考える
人生の中で一番大きな買い物といえば家でしょう、 もちろん持ち家がいいという人もいれば賃貸がいいという人もいますが、いずれにしても住居費は一生かかってくるので慎重に考えるべきです。

 

ポイントは将来の生活設計が大きく影響します。 住宅メーカーのセールスはいくら位お金が借りられるのか、毎月の支払いはどのくらいなのかに ついて説明があるかと思います。 賃貸にお金を払っているくらいなら持ち家のローンが払えるというような説明もあるかと思います。

 

資産を増やすためには支出をチェック

 

注意はいくら借りられて、月いくらの返済になるのか? ではなく将来の生活設計を考えたときに月いくらなら返済できるのか・・・がポイントになります。

 

当然、持ち家では固定資産税や定期的な家のメンテなども考えなければなりませんから、現在賃貸であればその家賃よりも毎月の返済額は下げておかないと苦しくなるのは見えています。 そのときになって支払いの額を下げることも基本的にできません。

 

 

持ち家と賃貸のリスクと備え
持ち家の場合、もし天災にあったらローンだけ残して家がなくなるなんてことも・・・
でも賃貸は引っ越しすることで家賃を下げることもできますし、天災にあっても引っ越しすればいいわけなので生活パターンの変化には強いといえます。しかし、家賃は一生支払わなければなりませんので定年までにある程度の蓄えは必要になります。 

 

 

このように非常に悩ましい問題ですが、現在日本の人口はどんどん減り続けていますし東京オリンピックに向けて建物はどんどんと立てられています。 つまり今後は家やマンションが供給過多になる可能性が大きく、家の値段や賃貸の家賃も下がる可能性も指摘されています。

 

将来のことはわかりませんが、家がほしいと思ったときは、今家を買うべき理由、将来生活パターンが変わっても支払いはできるのか? じっくりと考えてみることも必要です。

 

 

 

 

他にも大きな支出はありますが、それが将来自分にとって負債にならないかよく考えておく必要があります。 お金持ちは負債は買わず、資産を買うそうです。
 ・資産 自分のポケットにお金を運んでくれるもの
 ・負債 自分のポケットからお金を奪っていくもの  
(金持ち父さん、貧乏等さんより)

セゾン投信の口座開設セットは以下から無料で請求できます。

セゾン投信の申し込み方法


data-ad-client="ca-pub-7559365012675546"
data-ad-slot="7584735517"
data-ad-format="auto">