インデックスファンド初心者の方へ

積立投資のメリット(ドル・コスト平均法)

積立投資は少額から投資ができることや時間的なリスクを分散させる上で非常に有効と言われています。毎月おなじ額のファンドを買い続けるこの方法はドル・コスト平均法と言われ、聞いたことがある人も多いのではないでしょうか?

 

しかし、ドル・コスト平均法はメリットも大きいですがデメリットも知っておく必要があります。

 

 

積立投資のメリット
ここで前提となるのは安い時に買って高い時に売ることで利益がでること、高い時に買うとなかなか利益に結びつきません。しかしいつが買い時なのかを判断するのは初心者では難しいですよね、無論プロでも正確に予測するなどは難しいと思います。 ここだと思って買っても、その後値下がりするとがっかりですよね。

 

 

積立のメリットは「少額から積立ができる」の他にも「買いどきを考えなくて済む」といったもの、定額を定期的に買い続けるということは相場が安い時に多く買えて、高い時にはあまり買わないということなので非常に理にかなっている方法です。
しかし「買いどきを考えなくて済む」というメリットはあるものの平均購入単価を下げるためには必ずしも万能な方法とはいえない場合もあります。

 

 

 

積立投資の注意点
バランス型のインデックスファンドを長期運用する理由は、世界全体の経済活動はこれからも発展していくことを前提としています。つまり短期で見れば基準価額の上げ下げはあるものの長期で見れば世界全体では経済活動は発展していくのでその流れに自分のお金を投資するわけです。

 

この前提の中では積立はドル・コスト平均法は非常に有効でメリットを享受できるのですが、短期・中期的に相場が下がり続ける場合や上がり続ける場合は底値を狙ってスポット的に購入するほうが平均購入単価を下げることができます。

 

 

このようにある程度経験がある方で、そろそろ底値ではと判断されるのであればスポット的に買い増すことも平均単価を下げるためには必要な判断です。

 

 

セゾン投信の口座開設セットは以下から無料で請求できます。

セゾン投信の申し込み方法


data-ad-client="ca-pub-7559365012675546"
data-ad-slot="7584735517"
data-ad-format="auto">