インデックスファンド初心者の方へ

「基準価額が高い=割高」は間違い

基準価額はファンド設定時に10000円でスタートします。大抵の人は準価額が5000円まで下がると割安、逆に15000円に上がると割高な気がしますが実はそうでないらしいのです。

 

株式の場合はPER(株価収益率)などの目安はあります。PERは企業収益に対して株価が割高か割安かを判断するためのもので「PER(株価収益率)=時価総額÷純利益」で計算され会社の利益と株価の関係がわかります。他にも様々な指標がありますが、企業の資産価値や収益性から割安であると判断されると「割安感が広がる」=「買いが集中する」 となるわけです。

 

しかし、投資信託の場合は組み入れられている資産の時価総額から計算するため 指標による比較は難しく事実上指標はないといえます。しかも投資信託の場合はファンドマネージャー割高の商品を売却し割安の商品を組み入れるよう調整しているので 基準価額の額面によって割安、割高の判断はできないのです。つまり基準価額が2万円を超えてきてもになっても、それだけで「割高な投資信託だ」とは言えないのが投資信託の特徴、基準価額の額面が高いのはそれまでの投資の実績がよかったからと捉えることもできます。

 

いずれにせよ投資信託購入の際に基準価額の額面だけを見て割高、割安と判断するのは正しい判断ではないと言えます。

 

 

 

セゾン投信の口座開設セットは以下から無料で請求できます。

セゾン投信の申し込み方法


data-ad-client="ca-pub-7559365012675546"
data-ad-slot="7584735517"
data-ad-format="auto">