インデックスファンド初心者の方へ

投資信託って会社が潰れても大丈夫?

銀行の場合は破綻しても1000万円までの預貯金とその利息が保護されます。(預金保険制度)保護されるのは1000万円までなのでこれを超える預貯金とその利息については全額、または一部が戻ってこない可能性があります。これは最近一般知識として浸透してきていますが投資信託の場合はどのようになるのでしょうか?

 

 

破綻の影響は受けない
実は投資信託の場合は買った商品は投資家のものであり、販売会社や運営会社が破綻したとしても直接影響を受けないようになっています。投資信託に関わる会社は基本3つあり、 「販売」を手がける会社、「運用」指示を出す会社、「資金を分別管理」する信託銀行です。

 

 

具体的には投資家のお金は販売会社や運営会社にはなく信託銀行などで分別管理しています。このため販売会社や運営会社が破綻しても影響は受けません。

 

また、お金を管理している信託銀行が破綻したとしても分別管理が法律で決められているので破綻の影響を受けないようになっています。この意味では投資家は銀行の預貯金よりも手厚く保護されており実は投資信託は安全な金融商品といえます。

 

 

しかし投資信託は安全な金融商品といえますが、絶対に損をしない商品ということではありません。あくまでも破綻時のことを考えると安全といえますが、他の投資同様にあくまでも元本保証はなく値動きによっては元本を割り込む可能性がある商品であることはかわりません。

 

 

セゾン投信の口座開設セットは以下から無料で請求できます。

セゾン投信の申し込み方法


data-ad-client="ca-pub-7559365012675546"
data-ad-slot="7584735517"
data-ad-format="auto">