インデックスファンド初心者の方へ

日本の投資信託は高コストなのか?

日本の投資信託は高いと言われているようですが、いろいろと調べてみると日経で調査した日米の信託市場の違いを比較した記事があったので信託報酬について調べてみました。 

 

日本の投資信託は高コストなのか?

 

これによると日本の投資信託の運営管理費は倍以上のコストがかかっているようです。 倍と聞くとかなり大きな数字に感じますが日割りすると微々たるものですが、これが長期運用では大きな差につながってきます。

 

 

 

シミュレーションですが、日米で同じ内容で投資しコストだけが異なる場合は以下のようになります。長期運用を行えば行うほどその差が大きくなることがわかります。 これを見れば誰でも低コストを選びますよね。

 

日本の投資信託は高コストなのか?

 

なぜ日本では高コストなアクティブ運用のファンドが選ばれるのか、普通機関投資家のようなプロはインデックス運用を中心とした運用が主流になっています。これはインデックス運用の方がコストが低く、その分リターンが期待できることが過去の実績から明らかになっていんですが、あまりこの事が日本では知られてないようです。

 

 

アメリカでは独立系のアドバイザー(IFA)が投資の銘柄選びをアドバイスし、預かり資産に応じて報酬を受け取るのが一般的のようです。この為、手数料が高い商品を買わせる必要がなく投資家にとっても得になるファンドが選ばれます。 これに対して日本では投資信託選びは信託会社の窓口や系列の銀行などの営業担当がアドバイスするのが一般的なので当然、利益を上げるためI手数料を取れるファンドを進める傾向があり、低コストで利益の取りにくい投信を売ろうとしなくなります。

 

 

つまり個人投資家は、金融商品のコストに注目しコストの高い商品を避けることが重要であり、銘柄選びに時間をかけずインデックス運用のファンドを選ぶことや、今持っている資産にほんとに無駄がないかチェックする方に時間をかけるべきということになりますね。

 

 

セゾン投信の口座開設セットは以下から無料で請求できます。

セゾン投信の申し込み方法


data-ad-client="ca-pub-7559365012675546"
data-ad-slot="7584735517"
data-ad-format="auto">