インデックスファンド初心者の方へ

マイナス金利時代にやらないほうがいい事、やったほうがいい事

2016年1月に日銀政策決定会合で、日本初となる「マイナス金利」の導入が決定されました。 通常はお金を預けると多少でも利子がついて増えていきますが、金利がマイナスですからお金を預けると、逆にお金を取られてしまう・・・ということ。もちろん個人の預金が対象ではなく、銀行が日銀に預けるお金について適用されるもので個人は直接は関係ありません。 一時期「金庫」がよく売れたらしいですが今は落ち着いているようです。

 

 

マイナス金利を導入するとなにがおきるのか?
簡単に言うと銀行は日銀にお金を預けて利子を得ています。するとお金がどこにも回らずに日銀で眠っているだけの状態、このお金を企業への貸出や様々な投資に回すことで景気を刺激する事ができるわけです。
つまり市場にお金が出回りやすくすることで企業の設備投資、賃上げを後押しし景気を刺激、最終的には物価上昇率2%に近づけることが目標と言われています。

 

このマイナス金利によって資産運用に興味を持った人も多いかと思います。 貯蓄を投資へという政府の思惑も今のところうまく行っているように感じます。

 

 

 

マイナス金利の影響は?
日銀と金融機関の間でマイナス金利になることで、個人としては銀行金利の金利が下がる、住宅ローンなどの金利も下がるものと考えれれます。

 

事実、大手各銀行は住宅ローンの金利を過去最低最低水準まで下げています。また同様に銀行の預金金利も下がっており、普通預金金利が軒並み0.001%に・・・他にも 生命保険大手 予定利率引き下げ、学資保険の一部販売停止、MMF繰り上げ償還など様々な変化が起こっています。 

 

 

 

マイナス金利ではやっていけないこと
このような背景の中、投資信託や外貨建ての債権、保険などを進められるケースがかなりあるようです。確かに銀行の普通預金金利は0.001%程度で全く投資としては魅力がありません。 このため様々な金融商品に目が行くのも仕方ないことと思います。

 

しかし、抑えておきたいのは「勧められるままわからない商品を購入する」 これにつきます。 「銀行の利子が少なく投資としては魅力がない」これは別にいま始まったことではありません。  銀行の預金が0.02%が0.001%に下がった、つまり「金利が20分の1」になった、「100万円を預けても年間10円しか利子がつかない」 などと言われますが、もともと利子は雀の涙、焦って決めてしまうようなことはしないようにしましょう。

 

 

 

マイナス金利を利用してやっておきたいこと
住宅ローン金利もおおきくさがっています。 すでに住宅ローンを組んでいるのであれば借換も検討した方がいいでしょう。 
ただし、金利が安くなったからといって慌てて住宅を買う・・・のはやめたほうが良いでしょう。あくまでも住宅は長期的な生活設計や資金の計画を考えて行うべきです。

 

また、今回のマイナス金利で個人の銀行預金の金利がマイナスになることはありませんが、振込手数料,ATMの利用料金などが値上がりする可能性が出てきますので金融機関の情報に敏感になることも必要です。

 

 

 

これを期に慌てて投資をはじめるのもNGですが、余裕資金ができてからといって先延ばしにするのも考えもの、退職金を受け取ってからいきなり投資を始めようというのは一番避けたいですね、なんといっても投資経験が殆ど無いのに高額お金があるのはやばいです。
⇒ 2015年までの反省

 

そのためには若いうちから少額でもいいので多くの経験を積むことが大切、また確定居室年金など国の制度なども勉強するいい機会かもしれません。

 

 

なにかと自己責任と言われるようになってきていますが、そのためには投資や社会制度についてしっかりと知識を得ることが必要、 今回のマイナス金利をきっかけに少しづつ勉強してみてはいかがでしょうか。

 

セゾン投信の口座開設セットは以下から無料で請求できます。

セゾン投信の申し込み方法


data-ad-client="ca-pub-7559365012675546"
data-ad-slot="7584735517"
data-ad-format="auto">