インデックスファンド初心者の方へ

ファミリーファンドとファンド・オブ・ファンズ

投資信託(ファンド)の運用方法にはファミリーファンド方式、ファンド・オブ・ファンズという方法があります。どちらも最近人気のバランス型ファンドではよく使われる運用方法なので是非概要を知っておきましょう。

 

 

ファミリーファンド方式

ファミリーファンド方式とは投資家の皆さんから集めた資金を直接運用するのではなく、
マザーファンドと呼ばれる系列会社ファンドに資金を集めこのマザーファンドから投資を行います。

 

投資家のみなさんが購入するファンドをベビーファンドと呼び、このベビーファンドからの資金をマザーファンドに集め、マザーファンドが実際の株式や債権の購入を行うファンドです。 一度系列のマザーファンドに資金を集めるため資金の規模が大きくなり効率的な運用ができるのです。この為手数料は割安といったメリットが有ります。

 

 

ファンド・オブ・ファンズ

ファンド・オブ・ファンズはファンドに対して投資をするもの、これひとつで様々なファンドに投資ができるので分散効果が高いのが特徴です。投資先のファンドでも手数料(信託報酬)がかかるので手数料が2重にかかりトータルで高めになりますが、最近はかなり安くなってきています。

 

又、ファミリーファンド方式は同じ運用会社で設定されたファンドに投資を行いますが、ファンド・オブ・ファンズは他の運用会社のファンドに対しても投資対象にできます。

 

 

投資先が別のファンドなので手数料の問題の他に実際の投資先が見えにくいというデメリットも有りますが、株や債券など別々な値動きをするファンドを組み入れていることをしっかりと確認することが大切です。私が購入した「セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド」はファンド・オブ・ファンズ、この為世界10カ国以上の株式と8カ国以上の債権に投資、株と債券の割合も半々とリスクを抑えた運用です。信託報酬は0.74%±0.03%とファンド・オブ・ファンズの中では最安、十分に検討の価値があると思いますよ。

 

 

長期運用と信託報酬

 

 

 

 

セゾン投信の口座開設セットは以下から無料で請求できます。

セゾン投信の申し込み方法


data-ad-client="ca-pub-7559365012675546"
data-ad-slot="7584735517"
data-ad-format="auto">