インデックスファンド初心者の方へ

初心者向けインデックスファンド

一般的にはアクティブファンドよりもインデックスファンドのほうがリスクが小さく初心者向けと言われていますが、ひとくちにインデックスファンドにもいろいろな種類があり、投資対象や投資国や地域はさまざまです。
このため、これは初心者の方には向かないんじゃないかと思われるものも・・・
ここでは特に初心者向けのインデックスファンドとはどんなものか考えてみましょう。

 

 

インデックスファンドとは

インデックスファンドとは市場の経済指数の上下に合わせるように運用されるもので、代表的な指数は日本株では日経平均株価・東証株価指数(TOPIX)、世界株ではMSCIコクサイなどがあります。 これら指数に追従させる様に運用させるためためこのような特徴があります。

 

インデックスファンドの特徴
1.手数料が安い
   市場の経済指数に追従させる運用のため、銘柄を機械的に選べる。
2.市場の経済指数と連動するため、わかりやすい
   例えば日経平均が上がれば、ファンドの基準価額(ファンドの値段)
   もその分あがります。
3.長期運用ではアクティブ運用よりも成績がよい
   これまでのデータからアクティブ運用の80%はインデックスに負けています。

 

 

 

初心者の方に向くインデックスファンドとは

初心者の方に向くファンドとは単純にリスクが小さく、手数料が安く、難しい知識がなくても運用できるものと考えています。(もちろん投資ですから最低限の知識は必要ですよ)また、そのファンド1つで投資の核となるような長期運用ができることもポイントです。

 

 

 

投資先は分散しよう

ここで投資の対象について見てみると、いくらインデックスファンドの手数料が安く長期運用で有利といっても偏った投資をするとなかなか儲からない場合も出てきます。
たとえば、1990年以降20年以上にわたってに日経平均株価は右肩下がりです。
結果論ですが日経平均株式にだけに投資してインデックス運用してもなかなか儲けられない事になってしまいます。 このようなことを避ける為にも特に初心者の方はできるだけ様々な国や地域に分散投資してリスクを低減させる工夫が大切になります。

 

 

分散投資について

さて分散投資について確認する前にポートフォリオということについて少しだけ知っておいた方がよいでしょう。

 

ポートフォリオとは

ポートフォリオとは保有する資産の組み合わせのこと、中身は預貯金・株式・債権などの組み合わのことですね。
一般的には株式が上がれば債権は下がり、株式が下がれば債権が上がると言われています。又、景気の良い国や地域は毎年同じなわけでは有りません。そこで「国内株式・国内債券・海外株式・海外債権」の組み合わせるのが良いとされています。

 

つまり、「この4種類は必ずポートフォリオに入れ分散投資しましょう」ということです。しかし初心者がこの4種類の内訳を考え組み合わせて運用するのは酷というもの、そこでおすすめになのがバランス型(国際分散型)と呼ばれる国内外の株式や債券に幅広く投資する商品です。

 

 

ポートフォリオはそのファンドの運用方針によりますが、世界中の株式や債券に投資するので初心者や投資の核となるファンドを探している方にはおすすめ、個別に組み合わせをするよりは信託報酬(手数料)が若干高めですが、リバランスも自動的に行なってくれるので手間も時間もかかりません。信託報酬は1%を切っていれば検討の余地ありです。

 

 

 

※:信託報酬とは
「信託報酬」とは、投資信託を保有している間、ファンドの運用・管理サービスにかかる手数料のこと、通常は年利**%と表示されていますが実際は毎日基準価額算定時に手数料としてひかれるものです。

 

 

※:リバランスとは
「分散投資」と「リバランス」はセットで使われるほと関係があります。例えば「日本株式・日本債権・海外株式・海外債権」を25%づつ保有したとします。 運用を続け、日本株式の保有率が上がってきたとすると日本株式の影響を受けやすい状態に変わってきます。

 

 

初心者向きインデックスファンド

 

そこで、定期的に値上がりした日本株式を売却し値下がりした他の資産を買い増すのです。このポートフォリオのバランスを元に戻す事をリバランスといます。これによりリスクの分散と割高担ってきた資産を売却し、その分割安感の出てきた資産を買い増すことができるので非常に合理的です。

 

初心者向きインデックスファンド

 

 

私の選んだファンドはセゾン投信の「セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド」、このファンドもバランス型のインデックスファンドです。他のインデックスファンドに投資するファンドオブファンズの運用形態をもっており、一般的に信託報酬が高めなファンドオブファンズの中では格安の0.74%±0.03%

 

ファンド・オブ・ファンズの恩恵でしょうか、世界30カ国以上の株式と10カ国以上の債権とかなり幅広く分散投資しています。株と債券の割合も半々と安定感が高いのも特徴です。これ一本で投資の核となる部分は賄えそう、初心者でも比較的おすすめできそうなファンドです。

 

初心者の方はこのような考え方もファンド選びの参照になるとおもいますのでぜひ色々と比較検討して見てください。

 

 

 

 

セゾン投信の口座開設セットは以下から無料で請求できます。

セゾン投信の申し込み方法


data-ad-client="ca-pub-7559365012675546"
data-ad-slot="7584735517"
data-ad-format="auto">