インデックスファンド初心者の方へ

ファンドの手数料

投資信託(ファンド)で長期運用を考えるのであれば信託報酬(手数料)は低いにこしたことは有りません。しかも手数料は信託報酬だけではないのでファンドの手数料には気を配って同じパフォーマンスならば手数料は安いものを選ぶようにするといいでしょう。

 

 

ファンドの手数料

ファンドの手数料は大きく3つに分かれています。具体的にどのようなときにかかる手数料なのか確認してみましょう。

 

1:購入時手数料
ファンドは販売する金融機関があり、一般的にはここで買うことになります。

 

ファンドを買うときに金融機関に支払う購入時手数料が発生します。また同じファンドであっても様々な販売金融機関から発売されており、購入時手数料はこの販売金融機関が独自に決めるので同じファンドであっても手数料は異なる場合もあります。

 

  購入時手数料:0〜3%程度

 

例えば、100万円の資金があったとして購入時手数料が3%だったとすると100万X3%=3万円の手数料がかかってきます。つまり、97万円から運用開始となるのでできれば手数料がかからないノーロードと呼ばれるタイプを選んだほうがよいでしょう。

 

 

2:信託報酬
実際に投資しファンドを運営している期間にかかる手数料です。

 

ファンドを保有する期間にファンドの管理・運営するための報酬が「信託報酬」として発生します。通常は年**%と表記されていますが実際は日々計算されています。

 

 信託報酬:0.5〜3%程度

 

 

3:信託財産留保額
解約時手数料をイメージしてもらえばいいと思います。
解約の際に基準価額より所定の%が差し引かれて、残りが解約者に支払われます。

 

 信託財産留保額:0%〜

 

ファンド選びのポイントは手数料が低いことがポイント、同じパフォーマンスならば手数料の安いものを選びましょう。又、ファンドによっては短期で解約すると期間に応じて手数料が発生するタイプのものもあるので具体的にどのような手数料がかかってくるのかしっかりと確認する事をおすすめします。

 

セゾン投信の「セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド」は直販タイプなのでファンドを販売する金融機関がなく、購入時手数料もありません。又ファンド・オブ・ファンズ方式の中では信託報酬も格安の0.74%±0.03%で長期運用に向いています。 信託財産留保額は0.1%です。

 

 

信託報酬と長期運用について

 

ファンド解約時の手数料とは

 

 

 

 

セゾン投信の口座開設セットは以下から無料で請求できます。

セゾン投信の申し込み方法


data-ad-client="ca-pub-7559365012675546"
data-ad-slot="7584735517"
data-ad-format="auto">