インデックスファンド初心者の方へ

おすすめなファンドを選ぶときの注意点

ファンドは最終的に投資家の責任で購入することになります。←ここ重要 なので私のような初心者が販売会社がおすすめするファンドをそのまま購入するのは非常に抵抗があります。うまいこと丸め込まれて大して良くないものを買わされるのでは・・・との不安があるからです。

 

投資信託では手数料が収入源となる

投資信託を運営している販売会社や運営会社はどのようにして利益を出しているのか?といえば投資家が支払う手数料で利益を得ています。つまり運営する側としては投資家にとって役に立つファンドと言うよりは手数料が取れるファンドを販売したほうが都合がいいわけです。

 

手数料

何にかかる費用か

支払先

購入時手数料 ファンド購入時にかかる費用 販売会社
信託報酬 運用中にかかり続ける費用 販売会社・運用会社・信託銀行
信託財産留保額 解約時にかかる費用 信託銀行

 

 

販売担当者は投資の専門家ではないんです

ファンドを店頭で購入する場合、ネット証券や直販以外は銀行など販売会社でファンドを購入することになりますが、この販売会社の担当者は投資家との窓口やお金のやりとり・運用の相談などは行いますが実際の運用は行いません。

 

つまり販売会社の担当者は販売の専門家であって運用の専門家ではありません。冷静になれば当たり前のことですが、販売の専門家であれば当然ノルマ(目標)があり、どうしても成績が上がりやすいものを販売したがる傾向があると考えるべきです。

 

販売担当者は運用の専門家ではない事を理解し、また売りやすいものを中心に説明するであろうことを頭に入れて話を聞くべきだと思います。少なくても自分が内容を理解できないようなファンドは避けるべきです。

 

 

 

私の場合は説明を聞く必要がない直販のファンドの中から評判のよいファンドを選び、何もわからない中で少額から積み立てを開始しました。しかしあれ程理解できなかったファンドが実際にやってみるとどんどん頭に入ってくるのが不思議ですね。 ・・・である程度してから良し悪しを判断して解約か積み増しかを検討しました。 いい方法とは言えませんが参考になるでしょうか!?

 

 

 

セゾン投信の口座開設セットは以下から無料で請求できます。

セゾン投信の申し込み方法


data-ad-client="ca-pub-7559365012675546"
data-ad-slot="7584735517"
data-ad-format="auto">